近くの水道屋さんが見つかるポータルサイト

戸建ての水道管はいつ交換するべき?交換費用も徹底解説

戸建ての水道管を交換した方がいいタイミングや交換費用について、知っている方は少ないでしょう。

古い建物では水道管の耐用年数を超えている場合があり、水道管の破損が起きる危険があります。

水道管が破損すると水漏れが発生し「水道料金が高額になる」「建物の基礎や地盤に影響がでる」などの被害をもたらします。

本記事では、戸建ての水道管の交換時期や交換費用について解説していきます。

この記事を読んで欲しい人

  • 戸建ての水道管の寿命がどれくらいか知りたい
  • 戸建ての水道管を交換するタイミングについて知りたい
  • 水道管の交換はどこに頼めばいいのか知りたい
  • 業者に依頼した場合の水道管の交換費用はいくらなのか知りたい
  • 古い水道管を使い続けるリスクについて知りたい
目次

戸建ての水道管を交換した方がいいタイミングと寿命

戸建ての水道管を交換した方がいいタイミングと寿命

住宅のメンテナンスのため、またトラブルを避けるためには、戸建ての水道管の交換時期や寿命について知っておくことが大切です。

ここでは、水道管の寿命や交換のタイミングについて詳しく解説します。

水道管の寿命を知っておこう

まずは水道管の寿命について知っておきましょう。

寿命を知っておくと点検やメンテナンスの目安にでき、耐用年数を超えた場合は交換が必要になるためです。

水道管の耐用年数は40年ほど

水道管の寿命は、一般的には40年程度です。

そのためこの期間内であれば、とくに大きな問題はなく使用可能だと言えます。

これ以上経過した水道管では老朽化や劣化の可能性が高くなるため、必要に応じて交換の検討が必要です。

ただし、この寿命は適切なメンテナンスが行われた場合の目安です。

実際の寿命は、次に挙げるような要素によって変化するため注意しましょう。

サビや設置環境によって変動する

水道管の寿命は、サビや設置環境によっても変動します。

とくに海岸部や高湿度の地域ではサビや腐食が進みやすく、寿命が短くなる可能性が高いです。

また、地震や地盤沈下などの自然災害も水道管に影響を与えることがあり、早期の交換が必要になるケースもあります。

水道管の材質によって寿命は違う

水道管の材質によっても寿命は異なります。

一般的な水道管の材質と寿命の目安は次のとおりです。

  • 鉄管:約15〜20年
  • 鉛管:約15〜20年
  • 塩化ビニール管(PVC管):約40年
  • ポリエチレン管(PE管):約50年以上

まずは自宅の水道管の材質が何なのかを確認してみましょう。

水道管を交換するタイミング

水道管を交換するべきタイミングは次のとおりです。

  • 水道管で水漏れが起きている
  • 味や臭いなど水道水の異変を感じる
  • 水道管の耐用年数が経過している
  • 家を建ててから40年以上経過している

水道管で水漏れが起きている

水道管から水漏れが起きている場合、老朽化や劣化によって水道管がダメージを受けている可能性が高いでしょう。

水漏れは水道代の高騰や、建物内の浸水被害を引き起こす可能性があります。

水漏れが頻繁に発生している場合、早急に交換が必要です。

味や臭いなど水道水の異変を感じる

水道水の味や臭いに変化がある場合も、水道管の交換を検討するべきです。

古い水道管は内部に汚れやサビがたまりやすく、水道水の品質に影響を与えることがあります。

異常な味や臭いが続く場合、水道管の老朽化や汚染が考えられるため、交換を検討しましょう。

水道管の耐用年数が経過している

水道管の耐用年数が40年を超えている場合も、交換を検討しましょう。

通常通り使用していても、耐用年数を経過する頃には水道管の老朽化や劣化が進んでいる可能性が高いと言えます。

点検や専門家の意見を参考にしながら、交換時期を判断するようにしてください。

家を建ててから40年以上経過している

水道管の交換時期を考える際には、建物の築年数も重要な要素です。

一般的に、建物の水道管は建築後40年以上が経過した場合に交換が推奨されます。

とくに経年劣化が進む鉄管や鉛管は、耐用年数を超えると問題が発生しやすくなるため注意が必要です。

戸建ての水道管交換はどこに頼めばいいの?

戸建ての水道管交換はどこに頼めばいいの?

戸建ての水道管交換は、一般的に次の業者に依頼します。

  • 水道修理業者
  • 近くの工務店

水道修理業者

水道修理業者は、水漏れやトラブルの修理など水道関連の専門知識を持ったプロフェッショナルです。

水道管交換も得意とする業者が多く、専門知識と経験を活かして確実な作業を行ってくれます。

信頼性や技術力を重視したい場合は、水道修理業者に依頼するのがおすすめです。

近くの工務店

近所にある工務店や、昔から地域ぐるみでお世話になっているような工務店があれば、水道管交換の依頼をしてみましょう。

工務店は一般的に住宅リフォームや建築工事を行っており、水道管交換もその範疇に含まれます。

工務店に依頼することで、水道管交換だけでなく他の住宅メンテナンスや改修工事も同時に相談できるのがメリットです。

なにより、普段からお世話になっている工務店なら信頼性は抜群で、向こうにとっても水道管の材質や状態を理解している前提のため、お互いにとって作業しやすいといえます。

水道管の交換工事に掛かる費用相場と作業時間

水道管の交換工事に掛かる費用相場と作業時間

水道管の交換工事を検討するときには、費用相場と作業時間の目安を知っておきたいですよね。

以下の工事内容ごとに、費用相場と作業時間の目安についてくわしくまとめました。

  • 一部分の水道管の交換費用
  • 水道管の引き直し工事の費用
  • 交換作業に掛かる時間は「1日~数日」

一部分の水道管の交換費用

水道管を部分的に交換する費用は、数千円〜1万円程度の範囲になることが多いです。

実際には交換する管の長さや水道管の材質、必要な人数、作業にかかる時間などによって異なります。

具体的な見積もりは業者に依頼の上、現地調査や相談によって決定されることが多いです。

水道管の引き直し工事の費用

水道管の交換が部分的なものではなく、全体的に引き直しが必要となった場合は、水道システムの改修や新設を含む大規模な工事となります。

そのため、費用は一部分の交換よりもかなり高くなると考えてください。

一般的には、数万円〜数十万円が目安です。

実際の費用は住宅の規模や水道システムの複雑さ、使用する材料などによって大きく異なります。

正確な費用については、複数の業者に見積もりを依頼し比較しながら検討するようにしましょう。

交換作業に掛かる時間は「1日~数日」

一部分の水道管の交換の場合、水道管の交換作業にかかる時間は1日程度です。

配管の移動をともなう水道管の引き直し工事など大規模な場合は、数日程度を要することもあります。

これらの費用や時間はあくまで目安であり、実際には交換する範囲や作業の複雑さ、現場の状況によって大きく変わってきます。

複数の業者から見積もりを取り、費用や作業内容を比較検討しながら、最終的には業者とスケジュールを調整するようにしましょう。

水道管の交換費用をおさえるテクニック

水道管の交換費用をおさえるテクニック

水道管の交換は重要ですが、費用が心配という方も多いでしょう。

水道管の交換費用をおさえるためのテクニックは次のとおりです。

  • 複数の業者から相見積もりをとる
  • ほかの水まわりのリフォームを同時に行う
  • 鉛製の水道管の交換は補助金が使えることもある

複数の業者から相見積もりをとる

水道管の交換費用は、業者によって大きく異なります。

そのため、依頼前には複数の業者から相見積もりをとるようにしましょう。

見積もりを比較することで適正な価格やサービス内容を把握し、最適な業者を選べます。

ただし一番安い業者を選ぶのではなく、信頼性や技術力、保証・アフターサービスも考慮に入れるのがおすすめです。

ほかの水まわりのリフォームを同時に行う

どうせ業者を呼ぶなら、同時にほかの水まわりのリフォームも一緒に頼めば、その分割引してもらえる可能性があります。

そもそも40年の耐用年数を超えて水道管の交換を頼んでいる場合、キッチンやお風呂などにも支障をきたしているケースが少なくありません。

また、水漏れなどが起きていれば壁や床などの内装にも修理が及ぶ可能性もあります。

水道管交換の見積もりの際は、ほかに不具合がないかも同時に見てもらうようにしましょう。

鉛製の水道管の交換は補助金が使えることもある

もし自宅の水道管が鉛製なら、交換時に補助金が使えることもあります。

鉛製の水道管とは

鉛製(えんせい)の水道管は、かつての住宅で使用されていた管材の一つです。

しかし、鉛の溶け出しや健康被害のリスクがあることが判明し、現代の建築基準では使用が制限されています。

とはいえ、古い住宅ではまだ鉛製の水道管がそのまま使用されているケースもあるため、注意が必要です。

鉛製の水道管かどうか調べる方法

自宅で鉛製の水道管を使用しているかどうかは、次の方法で調べられます。

まず、水道メーターの直近の点検記録や住宅の設計図などを見てみる方法です。

また、直接水道メーターの管を目視してみて、鈍い灰色をしていたら鉛製の水道管の可能性が考えられます。

確実に調べるためには、専門家による現地調査や水道管のサンプル採取を行い、材質を分析する方法もあります。

もし築年数が40年を超える戸建てに住んでいるなら、一度調べてみるのがおすすめです。

鉛製の水道管は早急に交換するべき理由

鉛は水道水に溶け出す可能性があり、摂取すると中枢神経や腎臓に悪影響を及ぼすことが知られています。

とくに子どもや妊婦への影響が深刻であり、発達障害や学習能力の低下などの問題が発生する可能性があることがわかっています。

このような健康被害のリスクから、鉛製の水道管は早急に交換するべきです。

一部の自治体や政府では、鉛製水道管の交換を促進するための補助金制度を設けています。

たとえば大阪市には、水道管が鉛製だった場合の交換費用の50%を上限20万円まで補助する制度があります。

このように自分の居住地域で利用可能な補助金や助成金がないか調査し、費用の一部をカバーすることで交換費用をおさえるようにしましょう。

40年以上経過した水道管は早めに交換するべき理由

40年以上経過した水道管は早めに交換するべき理由

続いて、水道管が40年以上経過している場合、早急な交換が推奨される理由について見ていきます。

とくに、過去に使用されていた「鉛製・鉄製」の水道管には注意が必要です。

当時使われていた「鉛製・鉄製」の水道管の特徴

40年以上前に建てられた住宅では、その多くで鉛製や鉄製の水道管が使用されていました。

これらの水道管には、以下のような特徴があります。

耐久性の問題から交換作業が進められている

鉛製や鉄製の水道管は、耐久性に課題があります。

経年劣化により腐食やサビが進み、水漏れや破裂のリスクが高まるためです。

また、老朽化した水道管では水質の悪化や供給量の低下、ひどい場合は破裂の恐れもあります。

健康被害が出る可能性がある

鉛製の水道管は、とくに健康被害のリスクが懸念されます。

鉛は水に溶け出す可能性があり、摂取すると神経系や腎臓に悪影響を及ぼすためです。

とくに子供や妊婦にとっては健康リスクが高まるため、鉛製の水道管が使用されている場合は早急な交換が必要です。

現在、主流の水道管の材質と特徴

現代では、鉛製や鉄製の水道管は主流ではありません。

代わりに以下のような材質の水道管が使用されています。

  • PVC(ポリ塩化ビニール)
  • PE(ポリエチレン)

PVC(ポリ塩化ビニール)

PVC(ポリ塩化ビニール)は、非常に人気のある一般的な水道管の材料です。

耐久性があり、腐食やサビに強く、比較的低コストなのが特徴です。

また、PVCパイプは軽量で取り扱いやすく、施工が簡単なため、屋内での冷水供給に多く使用されます。

しかし、高温にはあまり耐えられないため、温水や高圧の供給には適していません。

PE(ポリエチレン)

PEはPVC同様、一般的に多く使われる水道管の材料です。

PEパイプは非常に柔軟で腐食やサビに強く、地下埋設に適しています。

さらに耐寒性にも優れており、寒冷地でも多く使われています。

PEパイプは、屋内外の冷水供給や下水道などの様々な場面で使用可能です。

さらに、PEパイプは溶接によって接続するため、接合部が強力で漏れのリスクが低いのがメリットです。

古い水道管を使うリスク

古い水道管を使うリスクは次のとおりです。

  • 水漏れが起きる可能性が高い
  • 水道管が破裂する危険がある
  • 赤水など水道水の汚染

水漏れが起きる可能性が高い

経年劣化や腐食により、古い水道管では水漏れのリスクが高まります。

水漏れが起きると建物内部の浸水被害やカビの発生など、様々なトラブルを引き起こすため注意が必要です。

水道管が破裂する危険がある

古い水道管は、劣化や圧力の影響で破裂する危険性があります。

とくに冬季などの低温時には、凍結による水道管の破裂リスクが高くなりがちです。

さらに水漏れは目に見える場所だけでなく、壁の中や地中で起きて徐々に水道代を圧迫したり、壁の中や床を濡らしてカビやシロアリの被害をもたらしたりすることもあります。

ひとたび水道管が破裂し大量の水漏れが起きると、建物内部や近所にも重大な被害をもたらす可能性があるため注意が必要です。

赤水など水道水の汚染

古い水道管は内部にサビや汚れが蓄積しやすくなります。

これにより水道水の品質が低下し、いわゆるサビまじりで鉄のような味がする「赤水」や濁りが発生する可能性があります。

赤水は衛生上の問題はもちろん、水回りの設備機器への影響も引き起こしかねません。

水道水の見た目や味がおかしいと思ったら、早急な点検や交換を検討しましょう。

失敗しない為の水道管の交換業者の選び方

失敗しない為の水道管の交換業者の選び方

水道管の交換のための業者を選ぶ際には、失敗を避けるために以下のポイントに注意しましょう。

  • 水道局指定工事店の認可がある
  • 所在地や代表者名が掲載されている
  • 作業後のアフターサポートが充実している
  • 複数の業者を比較して決める

水道局指定工事店の認可がある

水道業者を選ぶときは、水道局指定工事店の認可がある業者かどうかをチェックしましょう。

水道局の基準をクリアしている業者であれば、専門的な知識や技術を持っており、信頼にも足ると判断できます。

公式サイトや業者に直接問い合わせて、認可状況を確認してみましょう。

所在地や代表者名が掲載されている

信頼できる業者は、所在地や代表者名などの基本情報を適切に掲載しています。

公式サイトや広告などで業者の情報を確認し、実在する業者かどうかを確認しましょう。

また、連絡先や問い合わせ先も明確にしている業者を選ぶことで、円滑なコミュニケーションやアフターサポートが受けられます。

作業後のアフターサポートが充実している

水道管の交換後に起こる可能性のあるトラブルや問題に対応するために、アフターサポートの充実も重要です。

業者の公式サイトや口コミなどを調べて、作業後の保証やトラブル対応についての情報を確認しましょう。

信頼できる業者は、万が一の際にも迅速に対応してくれます。

複数の業者を比較して決める

最後に、複数の業者を比較検討して選ぶことも重要です。

少なくとも3社以上に見積もりを依頼し、価格だけでなく業者の信頼性や技術力、アフターサポートの内容などを総合的に判断しましょう。

ネット上で口コミや評判を調べることも参考になります。

ただし、無料見積や安い価格を載せていても、あとから高額な請求をしてくる悪徳業者もいるため、業者選びは慎重に行ってください。

自分で戸建て水道管の交換作業を行ってもいいの?

自分で戸建て水道管の交換作業を行ってもいいの?

DIYが得意な人なら、コスト削減のため水道管の交換作業を自分で行えないか?と考えるかもしれませんね。

しかし、以下の理由から、自分で戸建て水道管の交換作業を行うことはおすすめできません。

  • 水道管は特定の有資格者でないと作業ができない
  • 実績のある専門業者に依頼しなかった場合はリスクがある

水道管は特定の有資格者でないと作業ができない

水道管の交換は、特定の有資格者でなければ行うことができません。

水道法や建築基準法に基づく規制があり、専門的な知識と技術が必要なためです。

もし素人が不適切な作業を行うと、水漏れや破裂、水質の悪化などのトラブルが発生する可能性があります。

そのため、安全性や法的な観点から、自分での水道管の交換は避けるべきです。

素人がDIYできるのは、蛇口やパッキンの交換など軽微なものに限るとおぼえておいてください。

実績のある専門業者に依頼しなかった場合はリスクがある

水道管の交換は、専門的な技術と経験が必要な作業です。

素人が行う場合、正確な診断や適切な材料選定、適切な施工が行えない可能性があり、水漏れやトラブルのリスクが高まります。

また、保証やアフターサービスも受けられないため、問題が発生した場合の対応が難しくなるかもしれません。

信頼できる専門業者に依頼することで、安心して作業を任せることができます。

まとめ

まとめ

水道管の交換は専門的な作業であり、特定の有資格者以外は行うことができません。

自分で行う場合、安全性や品質の確保が難しく、将来的なトラブルのリスクが高まる可能性があります。

信頼できる専門業者に依頼することで、安心して水道管の交換作業を任せることができます。

業者の選定には、水道局の指定工事店であるか、所在地や代表者名が明記されているか、アフターサポートが充実しているかなどを確認しましょう。

複数の業者から見積もりを取り、価格やサービス内容を比較することも大切です。

水道管の交換は、住宅の安全性や快適性に関わる重要な作業です。

自分で行うことはリスクが高く、専門業者に依頼することで確実かつ効率的な交換が行われます。

信頼できる業者を選ぶことで、安心して水道管の交換に取り組むことができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次