近くの水道屋さんが見つかるポータルサイト

水栓の寿命はどのくらい?何年目で交換を検討すべきか解説

水栓の寿命はどのくらい?何年目で交換を検討すべきか解説

水栓は日常生活に欠かせない重要な設備ですが、長年使用していると故障や水漏れなどの問題が生じることがあります。そこで、本記事では水栓の寿命について解説し、何年目で交換を検討すべきかを考える上でのポイントを紹介します。水栓の寿命について正しく理解し、適切なメンテナンスや交換時期の判断を行うことで、水のトラブルを事前に防ぐことができます。

トラブルが起きた後では、「水道が使えない」「お風呂の水が使えない」「キッチンで洗い物ができない」など、日常生活に支障をきたします。

また、急な修理をする場合は、突然の出費となります。

水栓の寿命の時期を知って、早めに交換していきましょう。

この記事を読んで欲しい人

  • 水栓の寿命が知りたい
  • 蛇口の交換時期や耐用年数が知りたい
  • 水栓にトラブルが起きている
  • 蛇口の簡単な修理方法を知りたい
  • 水栓の交換を、どこに依頼するか検討中
目次

水栓の寿命や耐用年数は10年~15年

水栓の寿命や耐用年数は10年~15年

水栓の寿命や耐用年数は一般的に10年前後ですが、20年以上問題なく使えるケースもあります。まず初めに、水栓の寿命に関する情報を詳しく解説します。

一般的な水栓の寿命は10年

一般的に、水栓の寿命は10年程度と言われています。

必ず10年で水栓が壊れる訳ではありませんが、水栓内部の消耗品は約10年で劣化することが多く、特にパッキン類やカートリッジ、シャワーホースなどの部品は摩耗劣化しやすいため、約5年ごとに部品交換が必要です。

それぞれ修理して使用することも可能ですが、修理代のほうが高額になるため、水栓ごと交換してしまうのが一般的です。その目安が10年となります。

水栓の故障や劣化のサインには注意し、必要に応じて交換や修理を行いましょう。

20年以上、問題なく使えるケースもある

水栓の寿命は一般的に10年程度ですが、適切な使用環境や定期的なメンテナンスが行われていれば、20年以上問題なく使えるケースもあります。

耐久性の高い素材や、品質の良い製品を選ぶことも、寿命延長に繋がります。また、家族の人数や使用頻度、地域の水質や気候なども寿命に影響を与える要素です。

水栓の故障や劣化の兆候には注意し、定期的な点検と必要なケアを行いましょう。適切な管理とメンテナンスにより、水栓の寿命を延ばすことができます。

水栓の寿命が10年と言われる理由

水栓の寿命が10年と言われる理由

水栓の寿命が10年と言われる理由には何があるのでしょうか?本セクションではその理由について解説します。

メーカーの補修部品の供給が約10年

水栓の寿命が10年と言われる理由は、メーカーの補修部品の供給が約10年であるためです。メーカーは補修用部品を約10年間提供しており、それ以降は部品の入手が困難になることが多いです。

補修用部品は水栓の長期的な機能維持に不可欠であり、劣化や故障した場合に取り替えが必要となります。したがって、水栓の寿命を延ばすためには、10年程度を目安に新しい水栓への交換を検討することが重要です。

参考URL:水栓金具の補修用性能部品(補修用部品)の最低保有期間は?

使用頻度や使用環境で劣化スピードは変わる

使用頻度や使用環境で劣化スピードは変わる

製品の劣化スピードは使用頻度や使用環境によって異なります。特に家族が多い場合や寒暖差が激しい地域では、製品の寿命が短くなる傾向があります。その理由について詳しく見ていきましょう。

家族が多い場合は寿命が早まる

家族が多い場合は、家庭内の使用頻度が高くなるため、製品の寿命が早まることがあります。特に消耗品や摩耗部品の劣化が顕著です。

水栓のパッキンやカートリッジ、切替バルブなどは頻繁に使用され、摩耗や劣化が進みやすくなります。使用頻度が高いと、密閉性や操作性に影響を及ぼす可能性もあります。そのため、定期的な点検や交換、適切な使用方法の確認が重要です。

また、耐久性やメンテナンス性に優れた製品の選択も寿命を延ばすポイントです。家族が多い場合は、使用頻度が高いことを考慮して、製品の寿命に配慮した適切な管理が必要です。

寒暖差が激しい地域は寿命が早まる

寒暖差の激しい地域では、気温の変化による収縮・膨張が製品に多大な影響を与えます。このため、製品の寿命が短くなる可能性があります。例えば、ガラスや金属は気温変化に敏感で、それらを使用した製品の耐久性が低下し、劣化が早まることがあります。

一方、プラスチックは金属やガラスに比べて膨張率が大きいため、寒暖差が原因で変形や劣化が生じることがあります。

このように、製品の材質によって寿命に違いが出るため、使用環境に合わせた製品を選ぶことが大切です。

水栓の故障や劣化のサイン

水栓の故障や劣化のサイン

水栓の故障や劣化は、水圧低下、水漏れ、停止不良、異音、レバーの固さ、蛇口のサビなどのサインが現れます。これらの兆候に気づいたら、早めの対処や修理が必要です。

水圧が弱い

水圧が弱い場合、水が出にくくなったり水流が弱くなることがあります。この問題の原因は、給湯機の能力不足や水栓内部の詰まりが考えられます。

給湯機の容量を確認し、家庭の使用状況に合わせてお湯の節約や新しい給湯器の検討が必要です。また、水栓の端部に付着した汚れやエアレーターの詰まりも水圧低下の原因となる場合があります。定期的なメンテナンスや清掃を行うことで改善できます。

ポタポタと水漏れする

ポタポタと水漏れするというのは、蛇口のパッキンの劣化によるものが考えられます。

また、蛇口がキッチリ閉まらない場合も同様の原因で水漏れが生じることがあります。パッキンが劣化すると、蛇口の根元から水漏れが発生し、キッチリ閉まらないために水の出が悪くなります。

この症状が見られた場合は、早急に発生箇所のパッキンを交換することをおすすめします交換方法は、水道管を止めてから蛇口の根元を外し、古いパッキンを取り外して新しいパッキンに交換することです。

ただし、複雑な蛇口の場合や修理作業が初めての場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。

水が止まらない

水が止まらないのは、主に止水栓の故障や蛇口内部の故障などが考えられます。止水栓が完全に閉まらなくなると、水が出っぱなしになってしまいます。

また、蛇口内部の故障によって水が止まらなくなることもあります。このような状況に陥った場合は、まず止水栓を閉めて水を止め、蛇口内部の確認を行うことが重要です。止水栓が故障している場合は、交換が必要となります。

蛇口内部の故障の場合は、パッキンやスプリングなどの部品の交換で解決できることがあります。しかし、蛇口の修理は専門知識が必要となるため、DIYには限度があります。万が一、自分で修理できない場合は、プロの業者に修理を依頼することをおすすめします。

水を出すと異音がする

水を出すと異音がするときは、水栓の内部に何らかの問題がある可能性があります。具体的には、水が通るパイプの縮退や、水栓本体のボルトやナットの緩み、シール材の劣化が考えられます。

異音は、水圧が不均等になることで発生することがあります。もし水栓から異音がする場合は、可能な限り早く修理することが大切です。

異音があるまま使用を続けると、部品の摩耗や損傷が進み、水漏れや水圧低下といったトラブルにつながることがあります。

水栓の異音が気になる場合は、専門業者に相談して点検・修理を依頼することをおすすめします。

レバーが固い、動かない

水栓のレバーが固く動かない場合、内部の部品に問題がある可能性があります。これは、使用頻度や経年劣化によるものです。主な原因は、レバーの付け根にあるボールバルブやカートリッジの摩耗や汚れです。

レバーが固くなると、水の開閉がスムーズに行えず、使い勝手が悪くなります。この問題を解決するためには、水栓の内部部品を点検し、必要に応じて交換する必要があります。

正常な水栓の操作性を回復させるためには、専門業者に相談して適切な修理や交換を行うことをおすすめします。早めの対応が長期的なトラブルを避けるために重要です。

蛇口の根本がサビている

蛇口の根本がサビている場合、長期間の使用や湿度の影響による腐食が考えられます。根本のサビや腐食は、見た目の美観だけでなく、水漏れや水の品質にも影響を及ぼす恐れがあります。

根本のサビや腐食は、水栓の機能を低下させる可能性があります。この問題を解決するためには、蛇口の根本部分を専門業者に点検・修理してもらうことが重要です。

適切な措置を講じることで、水栓の機能を回復させ、水漏れや品質の問題を防ぐことができます。定期的なメンテナンスや注意深い使用も、蛇口の長寿命と安全性を確保するために重要です。

耐用年数が過ぎた水栓を交換する3つのメリット

耐用年数が過ぎた水栓を交換する3つのメリット

耐用年数が過ぎた水栓を交換するメリットは以下の3つが挙げられます。

  1. トラブルを未然に防げる
  2. 修理より経済的
  3. 性能が向上する。

それぞれについて、以下の項目で詳しく解説します。

➀トラブルを未然に防げる

水栓の耐用年数を過ぎた場合、交換することでトラブルを未然に防ぐことができます。古くなった水栓は部品の劣化や摩耗が進み、水漏れや水圧低下などの問題が発生しやすくなります。

しかし、新しい水栓に交換することで、頻繁な故障や修理のリスクを軽減できます。新しい水栓は耐久性が高く、正常な水の供給を確保しやすいため、長期的な安心感を得ることができます。

定期的なメンテナンスと合わせて、耐用年数を過ぎた水栓の交換を検討することで、トラブルを未然に防止し、快適な水回り環境を維持できます。

➁修理を重ねるより、安い

水栓が故障した際に、修理を重ねることは可能ですが、部品交換や修理工事の費用がかさみ、総費用がかさむことがあります。

それに対して、耐用年数を過ぎた水栓を交換することで、新しい水栓を設置することができます。

新しい水栓の方が性能が向上していたり、省エネ性能が高いことが多く、長期的な視点で見た場合には、経済的にも合理的な選択肢と言えます。

また、水漏れや水圧低下などのトラブルを防ぐことができるため、修理費用やトラブルに伴う費用を抑えることができます。

このように、修理を繰り返すよりも新しい水栓を交換する方が、コストパフォーマンスが高くなることがあるため、交換を検討する価値があるでしょう。

➂性能が上がる

水栓を交換すると性能が向上します。新しい水栓は最新の機能や技術が取り入れられており、よりスムーズな操作性や効率的な水の使用が可能です。水漏れや故障のリスクが低くなり、水圧や温度の調節も正確に行えます。

また、節水効果が高まり、経済的で環境にも優しい選択です。さらに、デザインやカラーバリエーションも豊富で、インテリアに調和した水まわり空間を実現できます。

専門業者に依頼することで適切な取り付けとアドバイスを受けられます。

水栓の寿命を延ばすメンテナンス方法

水栓の寿命を延ばすメンテナンス方法

水栓の寿命を長くするためには、適切なメンテナンスが不可欠です。毎日の乾拭きや定期的なパッキン交換など、これらの方法を実践することで水栓の寿命を延ばすことができます。

毎日、乾拭きをする

水栓の寿命を延ばすためには、毎日の乾拭きが重要です。使用後に水滴や汚れを拭き取ることで、水栓の表面を清潔に保ち、錆や汚れの付着を防ぎます。

定期的なお手入れは水栓の美観を保つだけでなく、劣化や故障の原因となる菌やカビの繁殖も防ぎます。少しの手間ですが、毎日の乾拭きは水栓の寿命を延ばすために大切な習慣となります。

定期的なパッキン交換

水栓の寿命を延ばすためには、定期的なパッキン交換が必要です。パッキンは水漏れを防ぐための重要な部品であり、長期間の使用や摩耗によって劣化します。

定期的にパッキンを交換することで、水漏れや水圧の低下などのトラブルを未然に防ぎます。交換時期は一般的に数年ごとが推奨されていますが、使用状況や水の質によって異なる場合もあります。

定期的なパッキン交換は水栓の性能と耐久性を向上させ、快適な水の利用を維持するために重要です。

水栓の交換を検討するタイミング

水栓の交換を検討するタイミング

水栓の交換を検討するタイミングについては、リフォーム時や重大な故障が起きた時に考える方が多いです。

また、水栓の寿命は一般的に10年程度と言われており、設置から10年以上経過している場合は交換が必要とされています。

このセクションでは、それぞれのタイミングについて詳しく説明します。

リフォーム時

リフォーム時に水栓の交換を検討するのは一般的な選択です。リフォームではキッチンやバスルームなどの水回りの改修が行われるため、水栓のデザインや機能性をアップデートすることができます。

新しい水栓はインテリアに調和し、快適な水の利用をサポートします。また、水栓の交換は他のリフォーム工事と一緒に行うことで、工事の負担や時間を節約することができますリフォーム時に水栓の交換を検討し、より快適で美しい水まわりを実現しましょう。

重大な故障をしたとき

重大な故障が発生した場合は、水栓の交換を検討する必要があります。例えば、水漏れや水圧の低下、操作の困難さなどの問題が生じると、修理だけでは解決しづらい場合があります。

重大な故障は水の使用に影響を与え、生活の不便や水浸しのリスクを引き起こす可能性があります。そのため、安全かつ快適な水の利用を確保するためにも、故障が発生した際には水栓の交換を検討しましょう。

新しい水栓の設置により、トラブルを解消し、安心して水を利用することができます。

設置から10年以上経過しているとき

水栓の設置から10年以上経過した場合は、交換を検討するべきタイミングです。

長い間の使用により、水栓の部品やメカニズムは劣化や摩耗が進み、性能の低下や故障のリスクが高まります。また、古い水栓の部品は入手が困難になることもあります。

交換により新しい水栓を導入することで、性能が向上し、快適な水の利用が可能となります。定期的な交換により、トラブルや水漏れなどの予防にもつながります。

設置から10年以上経過した水栓は、安全かつ効率的な水の利用のために、交換を検討しましょう。

水栓交換費用の目安

水栓交換費用の目安

水栓交換には、様々な種類があり、それぞれの水栓本体の価格によって費用が異なります。ここでは、代表的な単水栓や混合水栓の種類別に、水栓本体の価格の目安を紹介します。

種類別|水栓本体の価格

各家庭に取り付けられている水栓には様々な種類があり、大きく分けて5種類あります。

  • 単水栓
  • ハンドル式の混合水栓
  • レバー式の混合水栓
  • サーモスタッド式の混合水栓
  • センサー式の混合水栓

単水栓

単水栓の価格は数千円から2万円程度で、操作や掃除のしやすさに加えて安全性にも配慮された構造が特徴です。

ハンドル式の混合水栓

ハンドル式の混合水栓の価格は数千円から4万円程度で、心地よい刺激と節水を両立したコンフォートウエーブなど、様々なシャワーの種類が用意されています。

レバー式の混合水栓

レバー式の混合水栓の価格は5千円から6万円程度で、湯水の混合量を自動で調整し、一定の温度を保つサーモカートリッジや操作しやすい大きなリングハンドルなどの特徴があります。

サーモスタッド式の混合水栓

サーモスタッド式の混合水栓の価格は1万円から10万円程度で、高性能な浄水機能やエコシングル機能が搭載され、洗い物や掃除がラクになるハンドシャワーやフットスイッチが付属しています。

センサー式の混合水栓

センサー式の混合水栓の価格は10万円から20万円程度で、タッチレス操作や浄水器のビルトインなどの機能が備わっています。

水栓の交換方法

水栓の交換方法

水栓の交換方法には、自分で交換する方法と水道修理業者に依頼する方法があります。自分で交換する場合には、適切な工具と注意点を押さえる必要があります。

一方、業者に依頼する場合は信頼性や選び方に注意が必要です。以下でそれぞれの方法の詳細を解説します。

自分で交換する方法

自分で水栓交換をする方法は以下の通りです。まずは水栓交換に必要な工具を準備しましょう。その後、注意点にも留意しながらDIYで水栓交換を行います。

水栓交換に必要な工具

水栓交換には以下のような工具が必要です。

  • プライヤー:水栓本体や接続部品を固定したり緩めたりするのに使用します。
  • レンチ:水栓のホースや配管を緩めたり締めたりするのに適しています。
  • ピンスパナ:水栓のボルトやナットを締めたり緩めたりするのに使用します。
  • パイプカッター:既存の配管を切断する場合に使用します。
  • テープメジャー:水栓のサイズや取り付け位置を計測するのに便利です。
  • シールテープ:配管の接続部分に使用し、水漏れを防止します。
  • ラグ・ドライバー:水栓を固定するために使用します。
  • シリコンガン:シーリング材を適用する際に使用します。
  • 防護手袋・ゴーグル:作業中の安全を確保するために必要です。

これらの工具を準備することで、水栓交換作業をスムーズに行うことができます。

DIYで水栓交換する際の注意点

DIYで水栓交換を行う際には、以下の注意点に留意する必要があります。

STEP
配管の閉止

作業前に必ず水道の主止め栓を閉め、水の供給を止めてください。また、作業エリアの周囲に敷物を敷いて水漏れや汚れを防ぐようにしましょう。

STEP
取扱説明書の確認

水栓交換にはさまざまなタイプやメーカーがありますので、取扱説明書をよく読み理解してから作業を開始してください。

STEP
安全確保

作業中は防護手袋やゴーグルを着用し、安全に作業を行いましょう。また、電源が関わる場合は電気工事に詳しい専門家に依頼することをおすすめします。

STEP
既存配管の確認

水栓の交換にあたっては、既存の配管と新しい水栓の接続部の形状やサイズが合っているか確認してください。必要に応じてアダプターや延長パイプなどを使用して適切に接続しましょう。

STEP
密封材の適用

配管の接続部分にはシールテープやシーリング材を適用して水漏れを防止してください。

STEP
注意深い作業

作業中に水漏れや破損などの問題が発生した場合は、作業を一時停止し適切な対処を行ってください。必要に応じて専門家に相談することも大切です。

STEP
慎重な取り付け

新しい水栓を取り付ける際には、適切な位置や角度で固定し、しっかりと締め付けてください。漏れやゆるみを防ぐために、適切な力をかけて確実に取り付けることが重要です。

これらの注意点を順守することで、DIYで水栓交換作業を安全かつ効果的に行うことができます。しかし、作業が難しい場合や専門知識が必要な場合は、プロの水道修理業者に依頼することを検討してください。

水道修理業者に依頼する

水道修理業者に依頼する場合には気を付けるべきポイントがいくつかあります。

業者の選び方や優良な業者を見極めるポイントを理解し、安心して依頼できる業者を見つけましょう。

水道修理業者の選び方

水道修理業者を選ぶ際には、以下のポイントに留意しましょう。

口コミや評価を調べる

インターネットや口コミサイトで業者の評判やレビューを調べることで、信頼性や技術力を確認できます。

資格や保険を確認する

業者が適切な資格や保険を持っているかを確認しましょう。これにより、安心して作業を依頼することができます。

実績や経験を確認する

業者の実績や経験を調べて、信頼できる技術を持っているかを確認しましょう。過去の施工事例や取り扱っている水栓の種類などをチェックしましょう。

見積もりを比較する

複数の業者から見積もりを取り、料金やサービス内容を比較検討しましょう。安価なだけでなく、品質や保証内容も考慮しましょう。

カスタマーサポートやアフターサービスを確認する

作業後のトラブル対応やアフターサービスの内容を確認し、万が一の場合でも迅速かつ適切に対応してもらえるかを確認しましょう。

これらのポイントを考慮して、信頼できる水道修理業者を選ぶことで、水栓の交換作業を安心して任せることができます。

水道修理業者に依頼するときの注意点

水道修理業者に依頼する際には、以下の注意点に留意しましょう。

公式な契約書

作業内容や料金、保証内容などが明確に記載された公式な契約書を取り交わしましょう。口頭だけでの約束ではなく、契約書によって細かい条件を確認しましょう。

料金の明確化

事前に料金の見積もりを依頼し、作業内容や追加費用について明確に確認しましょう。予想外の費用が発生しないように、不明点や疑問点を遠慮せずに質問しましょう。

技術力と信頼性

業者の技術力や信頼性を確認するために、口コミや評判を調べましょう。実績や経験のある業者を選ぶことで、作業の品質や安全性を確保できます。

保証やアフターサービス

修理作業後の保証やアフターサービスの内容を確認しましょう。万が一の不具合やトラブルが起きた場合にも、迅速かつ適切な対応が受けられるかを確保しましょう。

免許や保険の有無

業者が適切な免許や保険を持っているかを確認しましょう。これにより、万が一の事故や損害が発生した場合にも保護される安心感があります。

これらの注意点を踏まえて、信頼できる水道修理業者を選びましょう。安心して作業を依頼することで、円滑な交換作業や万一のトラブル時にも適切なサポートを受けることができます。

まとめ

まとめ

この記事では水栓に関する様々な情報を解説しました。水栓の寿命や耐用年数、故障のサイン、交換のメリット、寿命延長の方法などについて説明しました。水栓の交換や修理を検討する際には、以下のポイントに留意することが重要です。

  • 水栓の寿命は一般的に10年程度であり、使用頻度や環境によって異なります。
  • 水栓の故障や劣化のサインには水圧低下、水漏れ、異音などがあります。
  • 耐用年数が過ぎた水栓を交換することでトラブルを未然に防ぎ、安心な水回り環境を維持できます。
  • 定期的なメンテナンスや乾拭きの習慣を持つことで、水栓の寿命を延ばすことができます。

水栓に関する問題や改善点を抱えている方は、この記事を参考にして適切な対策を行いましょう。専門業者に相談したり、DIYでの交換を検討したりする際には、安全に作業を行うために十分な準備と注意が必要です。快適な水回り環境を維持するため、適切な行動を起こしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次