水道業者の料金相場はいくら?事前に知ってボッタクリに気をつけよう

水道業者の平均相場 料金

ふだんは考えることのないことかもしれませんが、ある日水漏れが起きてから、どこの水道業者に頼めばいいのかを考え始めるのは遅すぎることも・・・。

もし事前に料金相場を知っていれば、高い金額の修理費を取られるような損をしないで済みますので参考にしてください。

水道業者別の平均相場や修理内容ごとの相場など、状況ごとの水道修理の料金相場・対応についてご紹介していきます。

さっそく、水道業者の平均相場について見ていきましょう!

水道業者の平均相場

水道業者の基本料金の平均相場は、5,000円前後です。

しかし、場合によっては部品交換が必要であったり、業者によって基本料金以外にもお金を取られたりすることがありますので若干の差は出てきてしまいます。

そのため、あくまで基本料金の相場が5,000円前後であると考えておくとよいでしょう。

オススメしたいのが、事前に業者の人に見積もりを確認しておくことです。

全ての修理が終わってから予想をはるかに超えた金額を伝えられる可能性もゼロではないためです。

よく引っ越しのときに渡されて冷蔵庫に貼ってあるステッカーの業者しか知らないという人もいますが、複数社見て全体感を把握しておきましょう!

そして、「大手であれば問題ないだろう」と考えるのでもなく、各業者のホームページを確認したり、事前に見積もりをとったりすることは忘れず行うようにしましょう。

また、7つの主な水道業者の平均相場も表にまとめてみましたので、参考にしてください。

業者名平均相場
水道救急センター5,000円〜
水110番5,000円〜
水道屋本舗1,000円〜
水の救急隊4,000円〜
水道1番館1,000円〜
クラシアン8,000円〜
イースマイル5,000円〜

さらに、修理の場所・内容によっても料金相場は異なります。そちらに関しては、下記の表と下に続く解説を参考にしてみてください。

修理内容平均相場
トイレのつまり5,000円前後
トイレの水漏れ5,000円前後
蛇口からの水漏れ 4,000円前後
パッキンの交換5,000円〜8,000円前後

トイレのつまり編

トイレのつまりを除去するだけであれば、料金は大体5,000円前後で済みます。

しかし、部品交換の必要があった場合や出張費がかかる場合であれば、10,000円は軽く超えると考えておいたほうがよいでしょう。

もし症状が軽い場合は、水圧で便器のつまりを解消するラバーカップ(すっぽん)を使うという方法もあります。業者を呼ぶ前に自力で直せるか検討してみるのもポイントのひとつです。

トイレの水漏れ編

次にご紹介するのが、トイレの水漏れについてです。

考えられる症状としては「便器からの水漏れ」や「タンクからの水漏れ」などが挙げられますが、いずれも平均相場は5,000円前後となります。

しかし、これに関しても出張費や部品交換がかさむ場合はもっとかかると踏んでいいでしょう。

蛇口からの水漏れ編

蛇口からの水漏れ修理の平均相場は4,000円前後です。

今までと同様に出張費や部品代も考慮すると4,000円だけでは正直足りないかもしれませんが、蛇口修理というのはほとんどが「ナットの緩み」または「パッキンの老朽化」のどちらかが原因です。

蛇口そのものの交換であれば金額はだいぶ跳ね上がりますが、ナットの緩みやパッキンの交換だけであれば、4,000円前後で修理をすることができます。

パッキンの交換編

パッキン交換の平均相場は5,000円〜8,000円となっています。

出張料金も含めて5,000円という業者もあれば、パッキン交換で8,000円かかり出張費をさらに取られる業者もあります。

やはり、事前の見積もりを取ることや、業者のホームページを確認することは怠らないようにしましょう。

まとめ

ちなみに豆知識ですが、パッキンの部品自体はホームセンターなどで数百円で購入することができます。

そのため、ネットなどで部品交換の仕方をマスターして、自分でパッキンを交換すれば安く済む場合があります。

ただ、作業に自信がない方などは、やはり水道業者を呼ぶことがおすすめです。

住んでる家に出張修理できる業者を探す

どうしても修理できないときは業者を呼んだほうが早くて確実!

「都道府県」×「市区町村」で検索すると、自宅に駆けつけて水トラブルを解決してくれる水道業者を閲覧できます。

水道業者のお得なキャンペーンや、公式HPへのリンクもあるので気になった業者にすぐ連絡もできます。

料金
水道トラブルの読み物
タイトルとURLをコピーしました