洗面台の水漏れを直そう!対処法と再発防止策!

洗面台の水漏れ 洗面台

「朝顔を洗おうと思ったら、洗面台付近の床がびちゃびちゃ!」

「なぜかいつも洗面台近くが濡れている…」

とはいっても、一体どこが原因なのか突き止めなければ、修理もできません。

ここでは洗面台が水漏れする原因とそれに応じた修理方法を記載しています。

洗面台が水漏れする原因と対処方法

洗面台から水漏れする原因は大きく分けて4つあります。

シャワーホース、止水栓から給水管にかけての配管、排水パイプから排水ホースまでにかけて、排水口のゴムパッキンです。

これらについて、より詳しく原因を解説するとともに、対処方法を解説していきます。

シャワーホースからの水漏れ

シャワーホースからの水漏れは穴が開くなどの破損や劣化によって起こります。

テープなどで補修することも可能ですが、一番はやはり交換することでしょう。そ

もそもシャワーホースは2つの種類があり、ナットで取り付けるタイプとワンタッチで取り付け可能なタイプがあります。

最近ではワンタッチ式のものが主流になっています。

ナットで取り付けるタイプは、まずは洗面台の排水栓と止水栓を閉じます。

次に水受けタンクを取り外します。

そして給水管のナットをレンチで緩め、シャワーホースを取り外します。

ホース内に残っている水を捨て、シャワーヘッドを取り出し、ホースを引き抜きます。

シャワーヘッドから水漏れしている場合は、ヘッドごと交換をしても良いでしょう。

新しいホースに交換をしたら、これまでの手順を逆から実行し、元にせば交換完了です。

ワンタッチタイプは、水受けタンクを取り外すところまでは同じ手順となります。

次にシャワーホースストッパーを取り外した後、シャワーホース本体を取り外します。

シャワーホースについているワンタッチジョイントを取り外します。

シャワーホースにアダプターがついている場合は、アダプターも取り外すようにしましょう。

シャワーホースをホルダーから引き抜き、シャワーヘッドをホースから取り外します。

ヘッドに新しいホースを取り付け、あとはこれまでの手順を逆に行えば交換完了です。

止水栓・給水管からの水漏れ

ナットの緩みとパッキンの劣化が原因で止水栓・給水管から水漏れが起きている可能性があります。

ナットの緩みはレンチを使って締め直すことで修理することができます。

あまり強く締めすぎると傷んでしまい、逆に劣化してしまうこともあるので注意必要です。

パッキンの交換方法は、まず止水栓を締めます。

次に袋ナットを取り外し、パッキンを交換します。

そして、袋ナットを直して止水栓を緩めたら交換完了です。

排水ホースからの水漏れ

洗面台では顔や髪を洗うため、髪の毛や石鹸のカスなどがつまっている場合があります。

また、整髪料などを流した際にそれがこびりついて固まってしまうかもしれません。

このつまりが影響して水漏れが起こっている可能性があります。

つまりを解消するには、ワイヤーブラシなどの道具を使ったり、洗剤を使用する解決方法があります。

ワイヤーブラシはホームセンターなどで売っており、アマゾンなどのネット通販でも販売しています。

ワイヤーブラシを排水管の中に入れて、回転させることで掃除できます。

他にはラバーカップ(すっぽん)を使ったり、真空式パイプクリーナーを使うなどで解消できます。

洗剤については、パイプクリーナーやピーピースルーなどを用いることで解消できます。

また、クエン酸と重曹をかけ合わせて作った洗剤も有効です。

こちらはクエン酸を約40g、重曹を約100gかけ合わせ、それを排水口に流します。

10分後くらいにぬるま湯を流すことで、中のつまりやぬめりを解消してくれます。

これらで解消しない場合は、排水ホースの交換も考えましょう。

交換方法は、止水栓を締めて、排水パイプを分解していきます。

最初はS字トラップを取り外して水を抜きます。

次に床に取り付けられている部分を取り外します。

床には排水プレートで固定されているので、まずはそちらを取り外しましょう。

排水プレートを取り外すと穴が開いており、そこに排水パイプが差し込まれています。

それを引き抜いて新しい物に交換し、逆の手順で元に戻していけば交換完了です。

ゴムパッキンの破損による水漏れ

『ゴムパッキン』とは、洗面台と排水パイプの接合部などに挟まれている部品のことです。

このゴムパッキンは水漏れ防止用のもので、これが劣化すると水漏れがしてしまいます。

この場合、ゴムパッキンを交換すれば水漏れを解消することができます。

交換方法は簡単で、ゴムパッキンの近くにあるナットをレンチで緩めて、新しいものに交換するだけです。

同じサイズのものか確認しないと、せっかく交換したのにサイズ違いで水漏れが直らないということもあるので注意が必要です。

それでも水漏れが直らない場合

これらの対処方法を試してみても水漏れが直らない場合は、一度業者に相談してみると良いでしょう。

水道業者のマグネットシートが自宅のポストに投函されていることが多いので、そこから電話して相談してみたり、ネットで検索して近所の業者を調べてみるのも良いでしょう。

費用に関しては、状況を見てみないとわからないことが多いので、まずは電話して相談してみましょう。

まとめ

洗面台で水漏れが発生した際の原因とそれぞれの対処方法について解説していきました。

自分で直すのが難しい方は迷わずに業者に相談してみると良いでしょう。

また、水漏れが起こらないように普段から使い方に気を付けたり、点検を行ってみると良いでしょう。

住んでる家に出張修理できる業者を探す

どうしても修理できないときは業者を呼んだほうが早くて確実!

「都道府県」×「市区町村」で検索すると、自宅に駆けつけて水トラブルを解決してくれる水道業者を閲覧できます。

水道業者のお得なキャンペーンや、公式HPへのリンクもあるので気になった業者にすぐ連絡もできます。

洗面台
水道トラブルの読み物
タイトルとURLをコピーしました