トイレの水が流れない!止まらない!自分で修理する2つの方法

トイレの故障・トラブル解決法 トイレ

毎日、何気なく使っている水洗トイレも、水が出ない、とまらないなど、故障するとたいへんです。

水洗トイレのタンク内部は、一見複雑そうですが、仕組みさえわかれば、修理は意外と簡単です。

いざというときのために、構造をよく理解しておきましょう。

事前に準備!使用する道具のチェックリスト

  • プライヤーまたはペンチ類

使用する材料

  • 自在パイプ、断熱パイプ
  • フレキパイプ
  • 上向きパイプ
  • レバーハンドル
  • ホース
  • ホースバンド
  • ホースニップル
  • 節水泡沫アダプター
  • 切り替えシャワー

水が出ない/トイレタンクの故障と修理

ロータンクから水が出ないときは、大きく分けて2種類の修理方法があります。

タンクに水がたまっている場合

トイレタンク内に水がたまっている場合

レバーとゴムフロートをつないでいるクサリがはずれたか切れています。

クサリが切れている場合は、ゴムフロートごと交換しましょう。

タンクに水がない場合

トイレタンク内に水がない場合はほぼ止水栓が原因

トイレタンクに水がない場合の対処法
  • STEP1
    止水栓をチェック
    止水栓が閉じていないか確かめる。案外多いのがこのケースで、止水栓を左に回すと、水は出ます。
  • STEP2
    浮き玉をチェック
    タンクの壁にひっかかり、下がらないことがあります。支持棒ごと浮き玉を外して支持棒を軽く曲げ、浮き玉が壁に触れないようにつけ直しましょう。
  • STEP3
    ボールタップをチェック
    止水栓や浮き玉に異常がないときは、水アカなどにより、ボールタップのピストンバルブを取り出し、ブラシや紙やすり(600番くらい)で水アカを落とします。

これでも解決しない場合は業者を呼びましょう。

水がとまらない/タンクの故障と修理

トイレタンクから水が止まらない場合は、下記の流れで修理してみましょう!

水位がサイフォン(オーバーフロー管)よりも低いとき

ゴムフロートがはずれていたり、ゴミがはさまっていることによる原因が多いです。

トイレタンクからの水漏れ対処法
  • STEP1
    止水栓を閉める
    水が出る元をまず断ちます。
  • STEP2
    ゴムフロートをはずす
    ゴムフロートをはずし、排水口に当たる面をよく洗ってから取りつけましょう。ゴムフロートに触ったとき、手が黒くなるようなときは、ゴムが老化しているので新しいものと交換しましょう。

ゴムフロートはメーカーや年代によって違う場合があるので、購入する際には外して持っていって店員さんに相談すると教えてくれますよ。

サイフォン(オーバーフロー管)から水があふれているとき

浮き玉がはずれていたり水が入っていると、給水がとまりません。

浮き玉に問題がありそうな時
  • STEP1
    支持棒をチェック
    はずれているときは支持棒をよくねじ込み、水が入っているときは、浮き玉を交換します。
  • STEP2
    ボールタップをチェック
    浮き玉に異常がないときは、ボールタップの故障です。

    ピストンバルブを取り出してパッキンの面を確認します。ゴミがかんでいるときは、よく洗って取り除きます。

    摩耗しているときは、新しいパッキンに交換しましょう。

    パッキンは横から見ると台形なので、大きいほうを下にして入れます。

  • STEP3
    ボールタップのネジがはずれない場合
    タンクからボールタップを取りはずしてからパッキンを交換します。

これでも直らない場合は業者を呼びましょう。

トイレタンクの構造

トイレタンクの構造

水道トラブルネット>

水洗トイレのタンクは多くの機種がありますが、水を出したり、とめたりする原理はほとんど同じです。

一般家庭でよく使われているのは、排水管がない「密結型ロータンク」と、タンクが壁に取りつけられている「すみ付きロータンク」とがあります。

また手洗い器の有無がありますが、手洗いのないものが増えています。

ボールタップ

浮き玉によりピストンバルブが上下して水の出し入れを調整します。

止水栓

水道管からの給水をとめたり、水量の調整ができます。タンクの修理をするときは必ず締めてから行いましょう!

締める時に回した回数を覚えておいてください。

修理後に開けるときは、同じ回数だけ逆に回して開けるようにしないと水量が変わってしまいます。

サイフォン(オーバーフロー菅)

水の量を調節したりボールタップの故障などにより、水がとまらないときに、便器に水を流して、タンクから水があふれるのを防ぎます。

ゴムフロート(浮きゴム)

レバーで引き上げられると、タンク内の水が便器に流れ、水位が下がると閉じます。

排水管

水位調整がついているものや形が違うものがあるので、不明な場合はメーカーに問い合わせたほうが良いです。

ボールタップのはずし方

ビストンバルブの交換でネジがはずれない場合は、ボールタップをはずしてピストンバルブを交換します。

また、パッキンを交換しても水もれが直らない場合は、ボールタップを交換します。

タンク内のボールタップは、給水管及び給水管ナットと締め付けナットで固定されています。

ボールタップのはずし方
  • STEP1
    手順①
    止水栓を閉め、ハンドルを回してタンクの水を流してから作業します。
  • STEP2
    手順②
    一番外側のナット、次に給水管をはずします。水がこぼれることがあるので、バケツを用意するとよいでしょう。
  • STEP3
    手順③
    締めつけナットをはずします。
  • STEP4
    手順④
    ボールタップを内側から引き抜きます。作業が終わって取りつける場合、新しいボールタップに交換する場合、取りつけ方は逆の手順で行います。このとき、パッキンを入れ忘れるとその部分から水漏れするので注意してください。

ボールタップの種類

ボールタップには3種類のタイプがあります。

ボールタップの種類
  1. 手洗い器のないタイプ
  2. 手洗い器付き、手洗い管が端にあるタイプ
  3. 補助給水管付きのタイプ

上記3つのタイプには、補助給水管付きのものとないものがあります。

補助給水管は、サイフォン型と呼ばれる便器に使われ、ボールタップからオーバーフロー管にゴム管を取りつけることで、便器内に水を余分に流し、水切れによる悪臭を防止する効果を高めています。

必ず、サイフォン(オーバーフロ 一管)の内側に取りつけてください。

住んでる家に出張修理できる業者を探す

どうしても修理できないときは業者を呼んだほうが早くて確実!

「都道府県」×「市区町村」で検索すると、自宅に駆けつけて水トラブルを解決してくれる水道業者を閲覧できます。

水道業者のお得なキャンペーンや、公式HPへのリンクもあるので気になった業者にすぐ連絡もできます。

トイレ
水道トラブルの読み物
タイトルとURLをコピーしました