【場所別に紹介】トイレが水漏れする4つの原因と対処方法まとめ!

トイレの水漏れ トイレ

トイレの水漏れといっても、トイレのタンクから水漏れが発生していたり、便器と床の設置面から水漏れが発生するなど状況は様々です。

ここでは、トイレが水漏れする主な原因と対処方法をまとめています!

トイレの水漏れは自分でも直すことができますが、場合によっては業者に頼む必要も出てきます。

まずは原因をつきとめ、それに応じた対処をしていきましょう。

基本的に、トイレが水漏れする主な原因は大きく分けて4つあります。

トイレ水漏れの主な4つの原因
  • タンク外部の部品
  • タンク内部の部品
  • 便器
  • ウォシュレット

自分で直すにしても、業者に依頼するにしても、これらのどこから水漏れしているかをあらかじめ確認することが重要です。

トイレが水漏れする主な4つの原因

タンク外部(パッキンやホースの破損)の部品が原因

タンク外部の部品で水漏れの原因になりやすいのが「パッキン」と「ホース」です。

パッキンは水道管とトイレをつなぐ結合部の部品となっています。

パッキンが劣化することで、結合部から水漏れが発生します。

ホースは水道管から実際に水を送る管です。ホースの劣化によっても水漏れする可能性があります。

これらは部品の交換によって自身で修理することができます。パッキンやホースの交換方法は以下より確認することができます。

タンク内部品(ゴムフロートやボールタップ)の破損

給水タンクの内部の破損によって水漏れが発生する場合もあります。

タンクの外に漏れだす場合もあれば、トイレの便器の中にずっと水が流れるといった水漏れも発生します。

これに該当すれば、タンク内の部品の不良だと考えられます。

タンク内の部品で劣化・破損しやすいのが「ゴムフロート」や「ボールタップ」です。

ゴムフロートはタンクの排水口をふさぐ蓋の役割を持っています。

これが劣化したり、ずっと上がったままになっているなどして水漏れが発生します。

ボールタップはトイレタンク内の給水を管理している部品で、ボールタップが劣化してしまうとタンク内で水が止まらなくなってしまいます。

これらは部品の交換によって修理することができます。

ゴムフロートやボールタップの交換方法は以下より確認することができます。

便器の設置不良や破損

便器と床の間から水漏れが発生する場合があります。

これは便器の設置不良だと考えられます。

また、便器にひびが入るなど破損している場合なら、破損部から水漏れが発生する可能性があります。

シャワートイレ部分の破損

最近の家庭用トイレは温水洗浄便座であることが多いです。

TOTOの商標名で馴染みがありますが、ウォシュレット付きのトイレを指します。

シャワートイレ部分から水漏れしている場合は、本体ノズルの問題か操作ボタンの不良ということが考えられます。

水漏れの原因に応じた対処方法

トイレが水漏れする原因を解説していきました。ここからは各原因の対処方法を記載しています。

パッキンやホースの交換方法

まずは止水栓を閉めて水が出ないようにします。

上手く閉まらない場合などは、水道の元栓から閉めましょう。

周囲に付属しているボルトなどの部品を外して、ホースを取り外します。各部品はなくさないように注意しましょう。

取り外すことができたら、ホースやパッキンの交換を行います。あとは、取り外した部品を取り付け、止水栓を開きましょう。

ゴムフロートやボールタップの交換方法

まずは止水栓を閉めて水が出ないようにしましょう。次にレバーを回して、タンク内の水が空っぽになるようにします!

水がなくなったことを確認したら、トイレタンクの蓋を外しましょう。

次にゴムフロートを交換します。

ゴムフロートの交換は、まずはゴムフロートと鎖をオーバーフロー管から外し、その後に交換するゴムフロートを設置です!

ボールタップを交換する場合は、ボールタップ付近にあるバルブを取り外した後に交換して、再度バルブを締め直します。

取り外した部品をもとに戻し、止水栓を開いて交換完了です。

便器の修理方法

まずは、トイレの設置不良で便器と床の間から水漏れしている場合の解説となります。

最初に止水栓を閉め、排水をしましょう。

次にホースを外し、その後に便器を固定している部品を外します。

便器を持ち上げ、便器と床の間にある「フランジパテ」を交換し、便器を元に戻します。

フランジパテはあらかじめサイズの合うものを用意したら、便器を固定した後にホースを戻し、止水栓を開きましょう。

便器のひび割れに関しては、応急処置としてガムテープで止める方法も不可能ではないですが、また水漏れが発生する可能性も高いので、早めに業者に依頼した方がよいでしょう。

シャワートイレ部分の修理方法

ウォシュレットの修理をする前に、前提としてウォシュレットは電子機器なので水が触れたりしないよう細心の注意を払って行うようにしてください。

ウォシュレットの修理の際も、まずは止水栓を閉めます。

次にウォシュレットの電源プラグを抜いたら水漏れ箇所を確認します。

主にノズルや給水ホース付近を見るとよいでしょう。

ゴミが溜まっていれば取り除き、劣化していたら交換すると良いでしょう。

綺麗だったり、買ったばかりなのにも関わらず水漏れが起こる場合は、販売元に問い合わせてみてください。

自分で修理・交換が難しい場合は、業者に頼んだ方が安心でしょう。

業者への依頼について

自宅に工具がない場合や自身で修理するのが難しい場合は業者に頼むと良いでしょう。

修理費用に関しては、状況や業者によって変わってくるので、現状を伝えて相談してみると良いでしょう。

まとめ

トイレの水漏れについて原因と対処方法を解説していきました。

水漏れは放っておくと水道代がかかったり、悪臭の元になったりもします。

自分で修理したり、業者に頼むなど早めに対処するようにしましょう。

住んでる家に出張修理できる業者を探す

どうしても修理できないときは業者を呼んだほうが早くて確実!

「都道府県」×「市区町村」で検索すると、自宅に駆けつけて水トラブルを解決してくれる水道業者を閲覧できます。

水道業者のお得なキャンペーンや、公式HPへのリンクもあるので気になった業者にすぐ連絡もできます。

トイレ
水道トラブルの読み物
タイトルとURLをコピーしました